日本刀は古くからわが国が誇る鉄の文化財です。

四方山話(よもやまばなし)

名品紹介「濃州関住兼常」(通称:JK兼常)

2018年06月20日 更新

兼常押形 兼常額装 岐阜県博物館日本刀押形展出品 ※関係者の間で高校生 ...

四方山話34 「退会 その後」

2018年06月20日 更新

日刀保 博多支部に入会して30年になったと思う。 活発な博多支部活動の中で、水を得た魚のごとく動き ...

四方山話33「お国自慢」

2017年12月04日 更新

九月の鑑定会では、筑前刀の代名詞左文字派の弘安刀(南北朝.大磨上)安吉(短刀在銘)を使った。 今回 ...

四方山話32「最後の喜び」

2017年11月06日 更新

刀剣趣味の第一歩は、名刀か、名刀のように観える品を見るか、見せられることから始まる。 気になって、 ...

四方山話31 「祝.岐阜県支部創立六十周年」

2017年08月01日 更新

昨年の六月、(公)日本美術刀剣保存協会の評議員を拝命した。(任期は四年) 今年の六月下旬、岐阜 ...

四方山話30

2015年10月06日 更新

剣友K氏から、小振な短刀を鑑せられた。 当ててみろとのことである。 =来国光=ですね。=否で ...

四方山話29「格言和歌色紙図目貫」

2015年08月10日 更新

一、格言和歌色紙図目貫 割際端銘春明(花押)三有斎造 新高法具 天保己未九月刊 法眼 素銅・金 ...

四方山話28 「三ツ子の魂 百まで」

2015年06月26日 更新

「三ツ子の魂 百まで」 無銘の笄が一本送られてきていた。 目玉がギョロリとした蜂のような図柄 ...